トップページ → 太陽光発電の売電と買電について

太陽光発電の売電と買電について

近年、太陽光発電システムを家庭に取り入れようと考える方が増加しているようです。その理由のひとつに、自宅で太陽光発電システムを導入することで余剰電力ができ、電力会社に売却することができるからというものがあります。このように電気を売却することを売電と言います。逆に、電気を購入することを買電と言います。

 

日中に発電した電力は自宅の電力として活用することが可能となっているので、その分の電気代が発生することはありません。また、日中に発電した電力のうち、余剰分があるのならその分の電力を電力会社に売却することができるのです。このことに何か特別な手続きや操作をする必要はありません。電力会社からは売却しただけの電気代が利用者の口座に振り込まれるといった形で売却分の金額が手元に入ってきます。ちなみに電気の売却価格というのは、自分がふだんから使用している電力会社の金額と同じものになります。

 

一方で、悪天候や夜間では発電をすることができません。ですので、電力会社から電気を購入して使用するという形になります。この場合には時間帯別電灯契約というものを電力会社と交わすことで、さらに電気代を安く抑えることが可能となっています。

 

売電によって収入を増加させたいのであれば、なるべく多くの電気を発電する太陽光発電システムを導入することで実現が可能です。優れた発電効率を持つ、太陽光発電脂つて無を取り入れることで、売買収入の増加にもつながっていくということですね。また、売電による収入の増加をみこみたいのであれば、節電はかなり有効な手段です。日中に発電した電力の使用を控えることで、その分売却できる電気を確保するというわけです。使用しない家電製品のプラグは抜く、省エネ性能に優れた家電に買い換えるなどなど。手段はたくさんありますので、節電すればするほどより多くの収入となって自分に返ってくることになります。

 

日中、自宅で過ごすことがほとんどないというような家庭であれば、発電した電力のほぼすべてを売電にあてることができます。そうなれば売電による収入というのも期待がもてるものになってきます。