トップページ → アルツハイマー予防

アルツハイマー予防

ビタミンやミネラルが豊富で、野菜では摂取しきれない栄養素を補えるということで幅広い世代の方に人気の青汁ですが、実はアルツハイマーの予防にも効果があるということは、まだあまり知られていません。

 

アルツハイマーの予防効果が高い栄養素として知られているのが、ビタミンの一種である葉酸です。葉酸をじゅうぶんに摂っていると、そうでないときよりもアルツハイマーを発症する確率が少ないという研究結果が出ています。また、発症した後でも、軽度な症状なら葉酸の投与で改善できるという効果まであります。

 

それはなぜかというと、葉酸にはアルツハイマーの原因となるホモシステイン酸の値を下げるという働きがあるからなのです。その他にも、葉酸には動脈硬化を防いだり、妊娠中に、おなかの中の赤ちゃんの健康な体作りにも役立つということがわかっています。さまざまな人の健康を保つために役立つ葉酸は、ぜひ普段から摂取を心掛けていきたい栄養素の一つです。

 

葉酸は、水溶性のビタミンなので、多めに摂取しても体内にとどまることがなく、使われなかった分は排出されていきますので、多めに摂っても安全です。常に不足することのないように、心掛けていきましょう。葉酸は、その名の通り野菜の葉っぱに多く含まれています。ですが、葉酸の多く含まれている食品として代表的なホウレンソウで摂ろうとすると7束も食べなければいけないので、なかなか食事だけでは摂取しきれないことが多いのです。

 

葉酸のサプリメントというものも販売されていますが、ビタミン群はまとめて摂取した方が、相互に作用しあって高い効果を得られることができます。ですので、葉酸をはじめとして多くのビタミンやミネラルの含まれている青汁などを上手く使い、補っていってあげることをおすすめいたします。

 

青汁は、アルツハイマー以外にも、がん予防や各種成人病の予防にも高い効果があり、将来の健康を増進してくれる食品です。また、体内の若返りや美容にも効果があります。総合的な健康のため、ぜひお役立てくださいね。