トップページ → 格安SIMや格安スマホで使われる専門用語〜ア行とカ行

格安SIMや格安スマホで使われる専門用語〜ア行とカ行

最近、大手キャリアではなく、格安SIMや格安スマホに乗り換えるという人も多くなってきており、興味を抱くようになった人もいるのではないでしょうか?しかし、格安スマホであったり格安SIMなどについて調べてみたところ、専門用語が多すぎてしまって、意味が分からなかったという人もいるでしょう。今回は、格安SIMや格安スマホに関する専門用語のア行とカ行の解説をしたいと思います。

 

ios
iosというのはiPhoneやiPadのようにAppleが開発をした端末に搭載されているOSになっています。プッシュ形式のボタンが少なく、アイコンもシンプルで見やすくなっているという点が特徴的です。

 

IP電話
従来の通話というのは電話回線を使っていたのですが、IP電話というのは、インターネット回線を使って通話をするという形式になっています。そのため、IP電話のほうが料金も安くなっています。ちなみに、スカイプなどの無料通話もIP電話の一種になっています。

 

Android
AndroidはGoogleが作り出したOSになっており、iPhoneではないスマホに搭載されていることが多いです。スマホが登場し始めた当時は、海外のほうが利用者が多かったのですが、現在日本でも急速に普及し始めています。

 

SMS
SMSというのはショートメールサービスのことを意味しています。メールアドレスではなく、同キャリア同士の場合、電話番号でメールの送信をすることが出来るようになっているのですが、このメールがSMSです。もうSMSなんて利用しないと思っている人もいるかもしれませんが、ツイッターやLINEなどのアカウントを作成するときや認証をするときに必要なサービスになっています。

 

MVNO
仮想移動体通信事業者を略してMVNOといいます。回線や基地局などを利用者に提供している事業者を指しています。

 

MNP
モバイルナンバーポータビリティを略してMNPといいます。これまで利用してきた携帯電話番号を他のキャリアに乗り換えるときにも引き継ぐことが出来るようになっているサービスです。

 

音声通話式SIM
月額料金を支払うことによって、通話機能があるキャリアのスマホを利用するよりも料金が安くなっています。この格安SIMを利用する場合、090や080の電話番号を使いたいのであれば、音声通話式SIMを利用する必要があります。